ジャムバンド


ジャムバンドのおすすめ盤や名盤、その他概略などをまとめました。遠方にお住まいの方は郵便返却が便利です。ジャケットを手に取って音楽を選ぶ楽しみをお届けするK2レコードは大阪・日本橋にございます。在庫総数約10万枚以上!試聴も出来ます!
グレイトフルデッド ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ALO ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
オールマンブラザーズバンド ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ギャラクティック ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ロータス ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
モー ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ

ジャムバンドとは、主にライブにおいて即興演奏を多く取り入れ、楽器のアンサンブルやアレンジの違いなどを楽しめるバンドのことで、音楽的な母体はブルース&ロック、カントリー&ロック、ジャズファンク&ロック的なアプローチを行うバンドが多いようです。
エレクトロニカに生楽器のアンサンブルを加えてジャムっていくライブトロニカなどと呼ばれるバンドも存在しています。

ジャムバンドという言葉自体は90年代頃から表立って使われてきたと思いますが、古くはやはりグレイトフルデッドが海外におけるその代表的なバンドと言えるでしょう。ライブひとつひとつではなく、ライブツアーをすると言うことも大きな要素で、そのライブが評判を呼び、それがファンの拡大やシーンを各個たるものにしていったと思われます。

70年代にはオールマンブラザーズバンドやマーシャルタッカーバンドなども現れており、またどちらかと言うとハードロックのくくりで語られることも多いですがディープパープルやレッドツェッペリンなどもそういう即興演奏の多いバンドでした。

日本にも、そういったバンドは多く来日していますが、当時は「ジャムバンド」という認識では見られていなかったと思いますが、自然とそれらのバンドの音に接することで日本人にも「ジャムる」楽しさと言うものが根付いているのかもしれません。

スペシャルアザーズなどの日本のジャムバンドもやはりそういう土壌から生まれてきているのではないでしょうか。

即興演奏といえばプログレッシブロックの存在がありますが、重なる部分はあるとはいえ、ジャムバンドのファンはもう少し力を抜いて楽しんでいるようにも見えます。

そういった70年代から続くライブ、楽器演奏を軸にしたバンドやアーティストは、とうぜんライブ盤にも注目がいきます。
ジャムバンドのおすすめや名盤はライブ盤をあげる人も多く、それだけジャムバンドがライブありきの存在であると言えます。

90年代に入りインスタントライブという、その日のライブをCD-Rにしてその日のうちに販売するという当時は非常に画期的なライブ盤の販売方法が生まれました。
最近はインターネットによる配信などにも積極的なバンドが多く、海外にはそういう専門サイトもいくつかあります。

K2レコード CDレンタル 買取 ゴールド会員 line 日本橋 アクセス 大阪 在庫検索 クーポン 営業時間 在庫

K2レコードではそういったジャムバンドのレンタルCDを取り扱っております。
遠からず近からず(?)なスワンプロックの面々やサザンロックなどの関連商品もミニ特集しておりますので、意外な広がりを見つけられるかも?

注目のアーティストはシム・レッドモンド・バンド、ロータス、ソウライヴ、オールマンブラザーズバンド、ベイカーブラザーズバンド、ヌマトリオ、グレイトフルデッド、ケラーウィリアムス、モー、マイ・モーニング・ジャケット、ギャラクティック、ロバート・ランドルフ、フィッシュ、メデスキマーティン&ウッド、デレクトラックスバンド、デュアンオールマン、レタス、ワイドスプレッドパニック、ALO、テデスキ・トラックス・バンド、など是非ともライブが見てみたいアーティストが目白押しです!フジロックなんかで見たいですね。

ジャムバンドの作品の試聴をしてみたい、ジャケットを楽しみたい、高音質でパソコンにデータとして取り込みたい、などお考えの方はぜひ一度ご来店ください!

マイモーニングジャケット ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ベイカーブラザーズ ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ヌマトリオ ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
デレクトラックス テデスキトラックス ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
シムレッドモッドバンド ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ
ソウライブ ジャムバンド レンタル CD 名盤 おすすめ