カテゴリー別アーカイブ: 北欧

シガーロス「takk」

ノルウェーのポップマエストロ、ソンドレラルケ

民族音楽と北欧デスメタルの融合 アモルフィス

チルドレンオブボドムなどをはじめとし、多くのヘヴィメタルバンドを輩出しているフィンランドで結成されたアモルフィス。

彼らは1990年に結成し、翌年にリリースしたデモテープがデスメタルレーベルとして有名なリラプスレコードの目に留まりデビューしました。

当初はオーセンティックなメロディックデスメタルに実験的な民族音楽の音階を取り入れたスタイルで演奏していましたが、そこからリリースやライブを重ねていくと、実験的に行われていた民族音楽とデスメタルの融合を極めたとも言える「テイルズフロムザサウザンドレイクス」で一気に開花します。
このアルバムは彼ら自身だけでなくデスメタル界でも大きな功績を得た名作として有名です。

通称フォークメタルは歌詞や楽曲、楽器にその土地に根差したものが取り入れられ展開しています。
そのフォークメタルの発展に重要な役割を担ったバンドのひとつがアモルフィスで、他のフォークメタルバンドに比べ非常に高いレベルで民族音楽とヘヴィメタルを融合させたことで各国から高い支持を受けました。もちろん日本のファンも同様です。
通常のヘヴィメタルとは違い、抒情性が強いことなどでヘヴィメタルファンからは敬遠されがちなスタイルですが、目利きの早いファンをはじめとして徐々に拡大されていった人気は、もはやフォークメタルの枠内を飛び越えて語られるバンドになったと言えます。

各国をツアーする中で何度か来日を果たしており、2007年には同郷のチルドレンオブボドムとカップリングツアーで来日、今年のラウドパーク2016へも出演しました。

日本ではあまり目立ったバンドが輩出されず、触れる機会も少ないフォークメタルですがアモルフィスの奏でる音楽性やコンセプト、表現力は他のヘヴィメタルバンドを超越する力を持っています。

フィンランドの冷たい空気と抒情性を運んできてくれる"ヘヴィメタル"、聴いていると頭の中に情景が浮かんできますよ!

スカイフォージャー

スカイフォージャー

アモルフィスが2009年に発表した9作目のアルバム。

ボーカリストのトミ・ヨーツセンが加入してから3作目となった作品で、彼らの追及するフォークメタルサウンドを確立させた重要な一枚。

フィンランドチャートでは1位を獲得するなど、大きな反響もありました。
初期からフィンランドの抒情詩などからインスパイアを受けて制作されてきた彼らですが、今作もフィンランドの抒情詩「カレワラ」の登場人物を意識して作られたものです。前作からの流れを汲むものとなっていますが、前作以上の完成度となっています。

ボーカリスト、トミ・ヨーツセンの邪悪なスクリームと美麗なクリーンボイスが、メランコリックになぞるギターとドラマチックに展開するピアノをはじめとした各パートにうまく溶け込んだスタイルになっています。
デスメタルファンのみならずおすすめしたい1枚!

サークル

サークル

 2013年にリリースされた、アモルフィスの11作目となるアルバムです。

これまでとうって変わって、デスヴォイスを多用し重厚感あふれるアプローチで展開されています。今作もフィンランドではアルバムチャートの1位を獲得しています。

今作から、これまで彼らが描いてきたフィンランドの抒情詩から離れて作詞家であるペッカ・カイヌライという人物が描いたオリジナルストーリーを元にアルバムが作られています。
また、バックも使用する楽器に変化をもたせたりして意欲的なレコーディングが行われていました。

5曲目の"ホープレスデイズ"をはじめとした哀愁漂う空気感に、彼らが活動20年で培ってきた重厚感を強く押し出した演奏が聴き手の心を打ちます。

彼らの新たな可能性をも感じさせる本作は、実験色は薄まって、親しみやすさやとっつきやすさが増えた作品とも言えるのですが、内部の変化が伝わる、いわゆる「響く」アルバムといえるでしょう。

キング・クリムゾン「ライヴ・アット・オルフェウム」

アンダーザレッドクラウド

フィンランドのフォークメタルキングであるアモルフィスが2015年に発表した、12作目で前作のサークルを超える完成度でファンや各方面から大きな評価を受けた至高の一枚です。

これまでの抒情的かつ重厚感あふれるサウンドを保ち、ゲストアーティストを数名迎えて作られた今作は、言うまでもなく彼らの最高傑作ともいえます。

トミ・ヨーツセンの持つ2つの美声と楽器隊の20年の活動で培われた才能あふれる技術力が今作もよどみなく光っています。
女性ボーカリストや元オーペスのドラマーによるパーカッションのゲスト参加により、作品に大きな広がりを持たせ、ストーリー性も合わせてトータルの完成度が増しています。

音楽誌や各方面から高評価を受けた今作は、フィンランドをはじめフォークメタルシーンの躍進を確信させるアルバムになったといえるでしょう。
まだフォークメタルに触れたことのないヘヴィメタルリスナーにはまずこの1枚から、と言っても良い傑作!

K2 RECORDS(K2レコード)は、 大阪ミナミの日本橋(でんでんタウン) にある音楽専門の CDレンタルショップ です。
洋楽ロックや国内J-POPはもちろんのこと、マニア垂涎のレア盤・珍盤から輸入盤・インディーズ・効果音・サンプリング音源まで幅広く在庫し、アルバム10万タイトル以上を有するCDライブラリーとなっております。

もちろん関西以外の方でも入会して頂けます!京都や兵庫、奈良、和歌山、滋賀、三重といった大阪以外からのお客様には、郵便による返却(ポスト投函)が好評です。

CD、バンドTシャツなどの買取もやっておりますのでお気軽にお尋ね下さい。
買取ページ
http://cd-kaitori.k2records.xyz/

大阪市浪速区日本橋3-6-3 
06-6644-7553
OPEN:12:00-22:00
http://k2records.jp/

キムヨーソイ「マイラストデイ」

kim hiothoy my last day

キムヨーソイ「マイラストデイ」

デザイナーなどの仕事もしながら音楽活動もするノルウェイの男性による2ndアルバムです。

無機質なビートと有機的なサウンドの化学反応でできたフォークトロニカ作品が一時期たくさんリリースされましたが、その代表的な作品のひとつです。

ダイナミックなビートで始まるのですが、進むにしたがってリズムは多彩になり、サウンドのオーガニック度が増していきます。

彼のグラフィック作品はシンプルで隙間が多く、どこかずれた妙なシーンを感じさせるものがあるのですが、彼の作る音楽もいたってシンプル。

やたら郷愁感を誘うフレーズやアコースティック楽器のサウンドの裏で、何事もないようにビートが跳ね回っています。

歌は入っていませんので、BGMとしてもオススメです。
ちょっといい音響で聴くと、北欧の森をさまよう夢とか見てしまうかもしれません。

4曲目と9曲目がとくにおすすめです。