カテゴリー別アーカイブ: 女性ヴォーカル

ケリークラークソン「ラップドインレッド」

アレサフランクリン「クリスマスアレサ」

セガン「セガン」

エクストラディション「ハッシュ」 

ジェニールイス「アシッドタン」

キュートなルックス、スウィートかつハスキーな歌声で人気のオルタナカントリーの歌姫の2ndアルバム「アシッドタン」です。

胸を締め付けるようなオープニング曲をはじめ、どの曲もオルタナカントリーのカッコいいところをうまく取り入れていてゾクゾクします!

エルヴィスコステロやズーイーデシャネルとの軽快な#8「カーペットバガーズ」が最高!

トニーベネット&KDラング

セイントヴィンセント「セイントヴィンセント」

インテリ臭プンプンでアーティスティックで一瞬取っ付きにくそうなのに、とてもポップでダンサブルかつとても心地よいニューヨークの才女の6thアルバム「セイントヴィンセント」です。

この作品の前にトーキングヘッズのデヴィッドバーンと共演したこともあって、ギターのキレっぷりが一段とアップ!

何より声も素敵なので、未聴のかたは彼女の世界に思い切って飛び込んでみてください!

マリアンヌフェイスフル「ノースカントリーメイド」

ダンス路線から「ヴォーカリスト」路線へ、テイラーデイン「キャントファイトフェイト」

日本ではちょうどバブル期、前作「テルイットトゥマイハート」が大ヒット。

ユーロビートの前進ともいえるハイエナジー系の歌姫な印象でしたが、今作「キャントファイトフェイト」ではジャケット写真からも察せられるようにロックな曲が増えて、パンチの効いたソウルフルな歌声で姉御肌全開!

包容力たっぷりの伸びやかな声のバラードに浸ってみてください!

聴くたびに名盤度が増していくジュディシル「ジュディシル」