カテゴリー別アーカイブ: HR/HM

マストドン「ワンスモアラウンドザサン」

急にジャケットが気持ち悪くなって、音も変わってたらどうしようと不安になった6THアルバム「ワンスモアラウンドザサン」です。

体の芯まで響いてくるような重厚ヘヴィグルーヴに相変わらず複雑な展開、ながらも意外とキャッチーなメロディなので聴きやすさが増したかも!

※年末年始のお知らせ

12/24(日)から12/30(土)は
恒例の年末年始2週間レンタル!
アルバム5枚以上借りると1泊料金で2週間借りれます!

正月休み
12/31(日)~1/3(水)

年始は1/4(木)からスタート!

アルバイト随時募集中
1月の短期バイトなど。
メニューの求人情報をご確認下さい。

スターズ「巨星」

AC/DC「ハイヴォルテージ」

正真正銘の初期衝動が詰まったデビューアルバムと2ndアルバム「TNT」からの編集盤「ハイヴォルテージ」です。

もう名前からしてテンション高過ぎ!まだ19か20のアンガスが放つリフがすでにカッコ良すぎで、単純に体の奥底からテンションを上げてくれるロックンロールのお手本がたっぷり詰まってる作品です!

マルコムヤングのご冥福をお祈りします。

コルピクラーニの世界は日本で言うと「古事記」や「日本書紀」?

フィンランドの神話を下敷きにした歌詞と、人類共通の哀愁と底抜けに陽気な雰囲気が同居する民族音楽調メロディ。

男臭いボーカル/コーラスで世界中のメタルフェスを沸かせる森の妖精集団の8thアルバム「コルピと黄泉の世界」。

日本なら「古事記」や「日本書紀」とかにたまにある「で、結局何の話なん?」みたいなストーリーを熱く壮大なフォークメタルでノリよく聴かせてくれるのです!

彼らの場合どのアルバムから聴いてみても楽しめると思います。

ポストロック、マスロックの向こう側へとんでいきそうなチョン

チェロでヘドバンするアポカリプティカ

チェロでロックする2チェロズより遥か古からチェロでメタルを奏でているフィンランドのバンドです。

こちらは最近ではドラムスがいたりボーカリストを迎えたり、カバーもメタル主体なので一般的ではありませんが、世界中のメタルファンの熱い支持を得ています。

チェロは座って演奏するものだと思っていましたが、彼らは仁王立ちでヘドバンしながら演奏することもあってなかなか壮観!舞台栄えします。

果たしてライオットのジョニーはゆるキャラなのか

HR/HM界のゆるキャラNO.1:ジョニーを大々的にフィーチャーしたジャケットと日本人好みの哀愁漂うメロディたっぷりの正統派メタル作品!

このジャケットは顔面アップなので見逃しそうですが、よく見ると体はヒトです。

ジョニーを知らない方が「ナリタ」「ロックシティ」「ボーンインアメリカ」のジャケットを見たときの反応を見てみたい!

レボリューションセインツは00年代のエイジアか!?

ジャーニー、ナイトレンジャー、ホワイトスネイクのメンバーによる、夢のスーパーメロディアスハードロックバンドです!

ディーン・カストロノヴォのトラブルでほんとにただの夢になりそうでしたが、活動は続いているようで、スタジアムロックファンとしては一安心です。

メンバーの経歴とかで敬遠してしまうハードロックファンもいるかもしれませんが、古くはエイジアなどテクニシャンたちのスーパーバンドは、曲もやっぱり良いものです。

意外と多くの人が耳にしているジョーサトリアーニ

テクニカルなのにキャチーでクセになる名ギターインストアルバム「サーフィング・ウィズ・ジ・エイリアン」!

来年2018年に発売30周年を迎えるというのに、彼の作品の中で一番人気です。

ギターキッズはもちろん、疾走インストものがお好きな方にオススメです!スピード出しすぎそうなので運転中はお気をつけください!

数年前まではよくスポーツニュースなどのBGMにかかっていたものです。

ブラックメタルの奥深さを聴くならベヒーモスです

ブラストビートと地を這うベースの邪悪サウンドで正直万人にオススメできないですが、ポーランドのエクストリームブラックメタルバンドです。

中心人物のネルガル(アダムダルスキ)さんはいっつも不気味なメイクをして気味悪いのですが、実は結構男前。

数年前に白血病を患ってラッキーにもドナーが見つかり克服したそう。自分がそんなことに遭遇したら信心深くなりそうですが、タイトル通り彼は徹底したブラックメタラーです。